インストラクターコース最終回

半年間のインストラクターコースも最終回になりました。

最後は、松本光司先生のお話と実習でした。

献立は、松本先生直筆です。

「心と体を癒す食養  文月のおもてなし」

a0164399_14272753.jpg


早めにいらした先生は、新鮮な瓜があるのを見つけて、献立にはない「雷干し」を作ってくださいました。

瓜の真ん中に菜箸を刺して、グルグル回しながら切って、スパイラルにします。

a0164399_14333127.jpg


それを濃いめの塩水につけておき、しんなりしたら洗濯バサミで挟んで、吊るしておきます。

a0164399_1434944.jpg
a0164399_14341836.jpg


お天気が良い日に作るといいそうです。


「雑穀入り南瓜コロッケ」

南瓜に塩をして蒸し煮し、皮と中身を分けて、黄色い部分はマッシュして、皮は小さく切ります。

a0164399_14365458.jpg


柔らかく炊いたキビを混ぜて、丸めてパン粉をつけて揚げます。

a0164399_14391391.jpg


黄色くてかわいいコロッケの出来上がり

a0164399_14395053.jpg




「色紙豆腐」

塩をすりこんで色よく茹でたオクラとサッとゆでた各色のパプリカをおき、寒天で固め

a0164399_14432471.jpg


その上に豆乳を入れた寒天を流して固めます。

a0164399_14434926.jpg


「芽ひじきの白和え」

ひじきは、塩で味付けをして、豆腐は下ゆでして、裏ごし

仕上げにゆず酢が入って、さっぱりと夏の白和えになりました。

a0164399_14452989.jpg


「お清し汁」

蕎麦がきを海苔の上にのせ、三つ葉と針生姜、クコの実を入れ、上から澄まし汁を注ぎます。

a0164399_14474927.jpg


「アボガド寿司」

アボガドを並べて、海苔を置き、寿司飯をのせて、巻きすで巻きます。
寿司飯は梅酢とゆず酢でしっかりと味をつけました。

a0164399_14504421.jpg
a0164399_14505673.jpg


わさび醤油でトロよりおいしいお寿司のできあがり

a0164399_14501253.jpg



「一夜漬け」

キュウリの蛇腹切りを教わり、切り方で味が違うのを実感

a0164399_14515712.jpg


おもてなし料理の出来上がりです。

a0164399_1565570.jpg


a0164399_14581643.jpg


松本先生のお話は、若いころ板前だった時に病気になり、マクロビオティックに出会ったお話から
健康に生きるための七大条件や、これからの未来のお話まで
興味深く、もっともっと伺いたいと参加者のみんなが感じていました。

先生のように健康で元気でいるためには、ご飯をよく噛んで、小食にすること。
ここぞという時や寝不足でもがんばらなきゃいけないときこそ、小食に。

食いしん坊の私には、なかなかできそうもないことですが、心がけたいと思いました。
[PR]
by emily-tsuki58 | 2010-07-11 15:02 | マクロビオティック
<< カバン ベジタブルグリーンカレー >>